不妊治療で妊娠できる確率はどのくらい?

 

 

まずは、それが「不妊」の状況であるのかどうかを知っておく必要があるでしょう。

 

一応の定義としては、「夫婦ともに健康で、子供を作るつもりで性行為をしていながら、二年以上赤ちゃんに恵まれない」ということになります。

 

排卵日などをちゃんと意識して、性行為をして子供ができるのは25パーセント程度とされています。

 

この確率がありながら、二年間子供ができないならば、なにか原因を考えないといけないことになります。

 

で、不妊治療を行って、どのくらいの確率で妊娠できるかです。

 

まずは人工授精と排卵誘発剤を併用した場合で、10〜20パーセントぐらいです。これが人工授精だけにすると、半分ぐらいまで数値が落ちます。

 

この確率ですから、当然、繰り返し不妊治療を試すことになるでしょう。

 

また、排卵日を正確に狙って、性交をするタイミング治療もあります。

 

これらの方法で、一年以内に妊娠する可能性は30パーセント、二年以内で40パーセント強といったところです。

 

この二年を過ぎると、高度生殖医療と呼ばれる特別な不妊治療に移るカップルが多くなります。

 

胚移植や顕微授精などがこれに当たります。

 

妊娠の確率としては胚移植で26パーセント、顕微授精で22パーセントとされています。

 

ただし、これはあくまで妊娠までの数字です。自然妊娠よりも流産の可能性が高まるため、実際に出産まで行きつけるのはそれぞれ、16パーセントと13パーセントとなります。

 

また、これらの数字は当然のことながら、女性の年齢などにも大きく左右されます。
関連サイト→→妊娠超初期

 

排卵誘発法の具体的なやり方って?

 

 

不妊治療を考えるときにもっとも使われることの多いのが排卵誘発剤でしょう。

 

年代が上の方ならば、「五つ子」を思い出すのではないでしょうか。

 

「一気に子だくさんになる」というプラスイメージがない訳ではりません。が、母子ともに危険が増すうえに、その後の生活が大変になるという面も持ち合わせています。

 

この排卵誘発剤はこの五つ子などの生まれる「多胎」などの副作用の強いものや、副作用は抑えられるが、効果のやや弱いものなどがあります。

 

まず、あまり深刻ではない理由の場合は、一番最初に試されるのが、内服薬の「クロミッド」でしょう。

 

エストロゲン(女性ホルモン)を弱めることで、排卵を促します。

 

が、あまり繰り返し使うことができません。というのは、エストロゲンが弱まると子宮内膜や子宮頚管粘液の生産が阻止されるからです。

 

「セキソビット」も同様の効果があります。クロミッドほどの効果はありませんが、その分副作用も弱めです。

 

また、「hMG-hCG療法」も有力な排卵誘発法です。

 

「hMG」は卵胞刺激ホルモンと同じ作用を持ちます。つまり、卵巣内の卵胞を育てます。

 

また、「hCG」は卵胞から卵子を取り出されるのを促します。

 

この両方を注射することで、内分泌が盛んになり、質のいい卵子が生み出されるわけです。

 

内服液よりも効果ははっきりしています。が、副作用は強めで時として、重くなります。

 

これらは患者の様子を見て選択されることになります。

 

最新サイト速報

色々なダイエットを試すのが嫌だと思う方は、”オーバーした体脂肪をまず落とす”という課題を十分に達成して、さらにその先のことまで考えた手段を考え出す必須事項があります。
http://xn--ick8azby023aqo0ahuey46b.net/

 

以前は考えられなかったことですが相当多くのキャッシング会社が顧客獲得のために無利息でのサービスを期間限定で開催しているのです。ということは上手に使うとキャッシング期間によっては発生しないので利子を全く収めなくても済むことになります。
≫≫スピードキャッシング

 

脱毛してくれるエステサロンでは、弱い光を出すフラッシュ脱毛が中心で、医療レーザー機器を利用した病院での全身脱毛は、光の出力レベルが強く、エステサロンに比べると店へ行く回数や期間が抑えられます。
福岡メンズ脱毛ナビ※男性に人気の脱毛サロン・病院@比較